かくれてたべてね

gomagohan.exblog.jp


ごま生活
by kakurete-tabetene
プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

お気に入りブログ

カテゴリ

もう3年たったけど 相変わらず野良も含めて黒猫を探してしまう。

ごまは毛皮を着替えて何処かで元気にいるかな?

たまには夢に出てきてね

の願いを込めて毎日ごはんと煮干し 鰹節 お水を供えているけど 最近現れないので

今日はまぐろスライスも足してみた!

今夜会えるといいな

[PR]

私が帰宅し ただいまと声をかける。
普段あまり鳴かないごまが口を大きく開けて鳴く。 ゲージを開けると私の横を素通りして爪磨ぎの箱に一目散に向かい すごい勢いで爪磨ぎ。
私には目もくれずに爪を磨いでいる間にごまのごはんを新しく変える。
冷蔵庫を開ける音に反応して 寄ってくるが私よりごはんに釘付けだ。
ごまのトイレを片付ける。
さてトイレに行くかと扉を開けると食事中の筈のごまが走ってきて 便座に座った私の膝に無理矢理よじ登る。
これが日課だった。

ゲージから飛び出して爪磨ぎに一目散なのはストレスなのかと思ってたけど 違うんだって。

最近知ったんだけど 帰ってきたのが嬉しくて照れ隠しでそうするんだって。

そういえば その後はずっとべったりだった。
姿が見えないと走って追ってきてた。

なんだよごま あんたツンデレだったんだね(笑)

それを聞いた時嬉しかったんだ。

あ でもトイレで吐いてる私の背中によじ登って覗き込まれたのはいただけない・・・(笑)

[PR]

ごまがリゾートに行ってしまってから 一年が経った。

東京で一番最初に会ったら女子が焼きかつおをお供えしてくれたよ。

私からは焼きいわしと小粒チーズ。

去年の今頃は 私は目が溶けそうな程泣いてた。

ごまが居なくなって気付いたんだけど 私一人だと眠る時に電気を消して眠れなくなってたよ。

今でも右の脇のごまが眠る場所を空けて寝てる。

こっちはすっかり寒くなったけど まだリゾート中なのかな?

それともこっちに戻ってきていて 寒いなぁ って思っているのかな?

そんな事考えていたら 昨日 ごまのホームステイ先の女子からメールがきた。
去年の7月生まれの黒い毛皮の男の子が動物病院にいるよ って。

ごまも7月生まれだったから少しドキドキした。

でもね 黒猫を見るたびにごまを越える猫はやっぱりいないって思っちゃうんだ。

ごまみたいな不思議な猫に会える日はくるのかな。

[PR]

ごまが二日間ホームステイさせてもらったおうちの ひめがそっちにゆきました。

リゾートはごまが先輩なんだから ひめが分からない事があって困ってたら 助けてね。

かつをぶしと 煮干しがいつもより多いのは ひめに会ったら渡す分です。

よろしく。

[PR]

c0140226_22114736.jpg

の今日 ごまと会った。

小さな黒い毛玉。

私の事を気に入ってくれるかという不安と 浮き浮きした気持ちでいっぱい。

そんな不安を一瞬で消してしまう人懐っこさの毛玉だった。

私にだけではなく 一晩お世話になったそのおうちにもすっかり懐いていたのだが(笑)

不思議な子猫だったなぁ

今でも東京でごまが最初に会った女子と話すんだ

ごまって子猫じゃなくて 実は子猫の着ぐるみ着た 大人猫だったんじゃないか?

って(笑)

落ち着きすぎてたし(笑)

出会って一年の今日の私は風邪気味でだらだら休日を過ごしてるよ。

ごまが横にいたら

だらだら一緒に寝転がってただろうなぁ(笑)

休日はいつもそう。

ふわふわの黒い毛玉と また寝転がってだらだらしたいよ。
[PR]